FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺蕩う海藻2ndシーズン 「僕達の未来」

こんばんは~、ドミンゴ・マニャーナ書記官です。

危険海域に派遣中のシーウィード特派員から続報が届きました。

生きてたんですね。前回でもう死んだと思っていたのですが、さすが藻屑界の王です。


さて、いつもSSだけを適当に送りつけてくる彼ですが、

今回に限ってはこんなストーリーでよろしくと内容の指示をしてきました。

というわけで、彼が報告してきたストーリーの一切を無視してご報告奉り上げ申し上げ御座候。




揺蕩う海藻2ndシーズン 「僕達の未来」

竜二ハイパーに切り捨てられた海藻は、ジャカルタに流れ着いた。

彼は散り散りになって漂着した自分の肉体をかき集めると、無言で愛船のラ・モールに乗り込んだ。


すると、ジャカルタ前には美しいガレー船が・・・

ジャカルタ前で出会ったヴェネツィア海賊のたくーー氏
たっくん

たくーー氏は、たった1隻のラ・モールで23隻(帆船)の賞金稼ぎ艦隊を相手にしていた。

巧みな操船と砲術により17隻までは沈めるものの、そこは数の暴力。

奮戦したたくーー氏も、最後はあえなく集中砲火を浴び撃沈される。



そんな様子を遠目に見ていた海藻は、

一瞬の隙をついて賞金稼ぎ艦隊の包囲網を突破したたくーー氏にそっと近づいた。


そして、恐ろしい陰謀を持ちけたのである。

帆船抹殺計画

「帆船抹殺計画に加担しないかね・・・」


薄汚い帆船の数の暴力により愛船を傷つけられたたくーー氏は、海藻の言葉に耳を傾けた。

思いは一つだった。

この世から争いがなくならないのは帆船があるからだ。

国籍を越え、職業を越え、彼らは同じガレースキーとして、本当に戦うべき相手が誰なのかを確信した。


ところが・・・・・

禁句



「俺帆船乗るときあるから」

帆船乗るときあるから・・・

帆船乗る・・・

帆船・・・




聞き捨てならない


海藻の目に憎悪が宿った。

彼は戈(攻撃力140)をぎゅっと握り締めた。

帆・船・斬(悪・即・斬のテンポで)

それが俺たちガレースキーが共有するただ一つの正義だったはずだ・・・

彼に迷いはなかった。



戦いたくなどなかった



目の前にいるのは、ガレー船の皮をかぶった帆船である。

OK,ベイビー。

いいさ、やってやる。




しかし海藻は考える。

もしかしたら、一時の気の迷いということもあるかも知れない。

悪い帆船に騙されて嫌々乗っているのかも知れない。

もしかしたら、今ならまだやめられるかも知れない。

どうか、どうか届いてくれ・・・俺のメッセージ・・・



彼は、苦悶に満ちた表情でこう叫んだ。


「その帆船を捨てなさい!」

捨てるならゆゆす





「うけるw」




・・・・




・・









何が可笑しい









【後日談】

分かり合えたようです。みんなで広げようガレ友の輪!

ガレ友



【次回予告】

赤獅子総大将 VS 海の藻屑
「イソノーちょっとハラ殴らせろよー(仮題)」
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://domingoamanha.blog.fc2.com/tb.php/206-9794075e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

揺蕩う海藻2ndシーズン 「イソノーちょっと腹殴らせろよー」 «  | BLOG TOP |  » シーウィードの憂鬱

プロフィール

ドミンゴ・マニャーナ書記官

Author:ドミンゴ・マニャーナ書記官
ドミンゴ・マニャーナ!
(明日は日曜日!)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

商会案内 (11)
造船設計 (40)
陸戦検討 (26)
生産一般 (9)
肖像画 (4)
雑記・日記 (69)
Road to R20 (10)
開拓街 (6)
揺蕩う海藻 (19)
収奪 (1)
未分類 (1)
ドミンゴクエスト (6)
商会活動 (4)
1年の軌跡 (1)

▽筆者が喜ぶスイッチ

参考ブログ・サイト

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
171位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。