FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺蕩う海藻Vol8 「心の中のガレー船」

超大人気シリーズ揺蕩う海藻第8弾

「心の中のガレー船(仮題)」



度重なる海賊達の陵辱により暗黒面に落ちたシーウィードは、復讐の鬼となった。

愛船のラモールに乗り換え、ついに英の怪鳥を眼前に捉えた。

無題



快速船ラ・モールは敵船の砲弾をものともせず、瞬く間に敵船に接舷した。

接舷するや否や、敵船の甲板に飛び移るシーウィード

そこで、シーウィードが見たものは・・・ 一人の美しい女性だった。

英の怪鳥


軽装で佇む赤髪の美人を前に、シーウィードは立ち尽くす。



こんな軽装のか細い女性を、、、この手にかけるのか、、、?



この極限まで鍛え上げた戈で、、、?



師匠から受け継いだ技を使って、、、?





同時に、シーウィードは思い出す。




彼女に陵辱された日々を。



彼女に殺された仲間たちの顔を。





海藻の中で何かがはじけた。





藻屑は、我を失いその槍を握る手に力を込めた。






無題2


崩れ落ちる、I・バルバロッサ。





頭の中に、勝利の二文字がよぎる。

勝利





虚無感。


本当にこれで良かったのだろうか?


死んでいった仲間たちは笑っていてくれるだろうか?


彼は、血のついた戈をじっと見つめた後、憔悴しきった様子で舵を北に切った。




ここは南米のとある場所。





師匠、、、俺はやったんだ、、、復讐を果たしたよ、、、、






師匠は悲しそうな顔で、呟いた。





師匠








師匠は、振り返ることなく、去っていった。







悔恨



シーウィードは、吹き荒れる嵐の中、ただただぼう然と立ち尽くしていた。



揺蕩う海藻。続く。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

彼女に陵辱てwwwwwww

シーサンは生粋の変態PK気質・・・喜んで襲われて襲ってを繰り返すのだろう・・・・これからも。

しかし・・・師匠の顔・・・。

我々の業界では陵辱はご褒美。

復讐は復讐をよぶと聞きます。
だから良くないと思いました。

いいから、その槍術でムガール商船隊1000を拿捕な。

復讐者は最後に報いを受ける描写がないとつまらない


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://domingoamanha.blog.fc2.com/tb.php/148-0448dc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダンジョンの時給効率レポート «  | BLOG TOP |  » 近況報告~ダンジョンのあれこれ(超長文)~

プロフィール

ドミンゴ・マニャーナ書記官

Author:ドミンゴ・マニャーナ書記官
ドミンゴ・マニャーナ!
(明日は日曜日!)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

商会案内 (11)
造船設計 (40)
陸戦検討 (26)
生産一般 (9)
肖像画 (4)
雑記・日記 (69)
Road to R20 (10)
開拓街 (6)
揺蕩う海藻 (19)
収奪 (1)
未分類 (1)
ドミンゴクエスト (6)
商会活動 (4)
1年の軌跡 (1)

▽筆者が喜ぶスイッチ

参考ブログ・サイト

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
2189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
104位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。